面接時の服装はスーツ以外の方が良い職種

面接のときに気をつけたいことは、声の大きさがあります。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

声の大きさに気をつける面接

面接のときに気をつけたいことは、声の大きさがあります。面接官に聞こえにくいくらい小さな声で答えてしまっては、また繰り返し聞かれることもありますし、何よりも印象が良くありません。少しでも印象を良くするためには、声をはっきりとして話すことです。声の小さい人は、ただ大きくすることがいいということではなく、おなかの底から声を出すようにすることが必要になります。練習していた方がいいのは、腹式呼吸になり腹に空気がたまることによって、声が大きく出せるようになります。といっても、演劇の舞台のような声を出す必要がないので、はっきりとしゃべることができるようになると面接でも有利になります。

そして、はっきりと理解してもらう話し方には、さしすせその発音を気をつけることがあります。「失礼します」や「ありがとうございます」などの良く使う言葉の語尾につくことがあるので、さしすせそははっきりと聞こえるようになることが、相手に言葉が伝わる秘訣になります。その他にも気をつけたいことには、語尾を伸ばさないようにすることです。伸ばして話してしまうと、軽く受け答えになりますし、何かを考える時にも日常会話の癖になっている人では、語尾を伸ばさないようにすることです。

注目度がUPしている求人の参考になるネタはユーザーが多いこのサイトでチェックしてみてください

Copyright (C)2017面接時の服装はスーツ以外の方が良い職種.All rights reserved.