面接時の服装はスーツ以外の方が良い職種

面接というのは、自身の色々なところをみられることで判断をされています。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

身だしなみを大事にしたい面接

面接というのは、自身の色々なところをみられることで判断をされています。特にサービス業などでは、見た目に清潔感がない方というのは、敬遠される傾向があり、不採用になる人のほとんどはこの清潔感がないということが原因が多いです。中には起きてからすぐ来たかと思われるくらい、寝ぐせがついたままの人もいます。こういった寝癖などは間違いなく鏡をみて、直しておくことが大事です。自分の顔色もそうで、目ヤニが付いている状態で面接に来ては、これはマナー違反になります。

そして、しわのよったシャツなども着て行くことはよくありません。袖口に染みが付いていたり、汚れが見えるようなものでは面接で合格する可能性が低くなります。受け答えが好印象だったのに、清潔感がないという理由から不採用になる人もいて、服装がルーズなことから採用されないという人も少なくありません。反対に受け答えがうまくいかなくても、清潔感があり服装がビシッと決まっていれば、見た目には採用される可能性というのが高くなります。意外と知られていないようで見られているのが靴になります。靴が汚れていたり履き方が悪かったりすると、普段の振る舞いなどもそういう風に思われてしまうので、靴などを綺麗にしておくことが大事です。

Copyright (C)2017面接時の服装はスーツ以外の方が良い職種.All rights reserved.