面接時の服装はスーツ以外の方が良い職種

就職の面接時の服装は、スーツを着るのが一般的なマナーです。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

面接時の服装はスーツ以外の方が良い職種

就職の面接時の服装は、スーツを着るのが一般的なマナーです。しかしスーツでない方が良い職種もあります。面接時にスーツよりも私服を選ぶべきなのは、美容師やアパレル関係です。ほかにも接客業では、私服で臨んだ方が良い場合があります。美容師やアパレル関係は、ファッション性も重視される職業です。応募者は服装から、ファッションセンスも審査されています。美容院やアパレル関係では、店によってどんなファッションの方向を目指しているかが違います。面接に行く時は、店の方向性に合わせた服装が求められます。

美容師の場合、特に転職者は、面接と共に実技を行うことがよくあります。ファッション性を重視すると同時に、実技用に動きやすい服装を選ぶ必要があります。どんな服装が良いか迷ってしまった時は、事前に店の下見をして、スタッフの服装をチェックすると良いでしょう。複数のスタッフが働いている店なら、よりファッションの傾向が掴みやすくなります。ただ面接時は、あまり派手にし過ぎないことも重要です。あくまで採用試験なので、フォーマルさを忘れないようにしましょう。もしも服装指定があった時は、指示に従った服装にします。特に指示がなければ、店の雰囲気と面接に合った服装を目指しましょう。

注目度がUPしている求人の参考になるネタはユーザーが多いこのサイトでチェックしてみてください

Copyright (C)2016面接時の服装はスーツ以外の方が良い職種.All rights reserved.